2011年 07月 22日

7月22日 手筒花火

遠州新居 諏訪神社奉納花火 試み
f0211615_21524791.jpg

     本日は試みと言ってその年の出来具合を試す日です。
     でも明日本番よりも今日の方が火薬量が多いものがほとんどですので見ごたえはあります。
     ちょっと分かりにくいですがこれは大筒(おおづつ)と言い
     重量約60Kg有ります。火薬量は約5斤(1斤は約600g)
     大人一人ぐらいを抱えて歩きながら上げています。
f0211615_2225682.jpg

f0211615_223957.jpg

     ここ遠州新居の手筒の独特のスタイルです。
     右手で抱え左手を上げ乱舞します。

     もちろん今年は初めに見学者を含め東北大震災の黙とうをしてから開始でした。
[PR]

by Toshi-Hamanako | 2011-07-22 22:09 | | Comments(6)
Commented by ケンチャン at 2011-07-22 22:18 x
こんばんは。

手筒花火は、この付近の地方で盛んですが、場所によって違いがあるんですね。左手を上げるとはね。顔の近くを上がる火の粉は、ものすごく熱いですが、気合が入っています。
Commented by mune6041 at 2011-07-22 22:54
こんばんは、Toshiさん!
この太さは大迫力ですね
私の地元でも手筒花火はありますが、もっと細い物を持って行います
これから花火のシーズンですね
岐阜長良川の花火大会は残念ながら今年は中止に成りました
Commented by Toshi-Hamanako at 2011-07-22 23:36
ケンチャンさん、こんばんは。

三河地方発祥の手筒花火ですが地方によりいろいろ変化したようですね。
基本はハネコが入っていますが新居は入っていません。
ですからこのようなスタイルで出来るんです。
Commented by Toshi-Hamanako at 2011-07-22 23:41
muneさん、こんばんは。

全国でもこれだけの大きさと火薬量の手筒花火は無いと思います。
60Kgを抱えて歩くのはとても大変ですよ。

今年はあちこちで花火大会は自粛ムードの様ですね。
ここの手筒花火は花火大会とは違い神社奉納で300年近くの歴史が有りますので中止になる事はまず無いと思います。
Commented by ナカジ at 2011-07-23 01:01 x
Toshiさん、こんばんは。
20年ほど前、義理の弟が大筒?をやるので、見に行きました。
物凄い火の粉の嵐にびっくりしました。
その頃、CMもやってましたね。
一番感動したのは、町の至る所で、ドラゴン花火が火を吹き、小さな子供が踊っていたことかな!
新居町の活気と祭りを愛していることを感じました。
また、見に行きたいですね!
Commented by Toshi-Hamanako at 2011-07-23 22:32
ナカジさん、こんばんは。

そうでしたか。弟さんが手筒出したんですね。

このあたりではドラゴンは手に持って出します。
もちろん赤ちゃんにも持たせて出します。
各家の前にはドラゴンなどの燃えカスが何百本も有りますよ。


<< 7月23日 オレンジ色      7月21日 日の入り >>